先生!お陰様で妻が顔が真っ直ぐになって、妊娠六ヶ月です!

before
before
after
after
年齢 30才
主訴 口が開かないので治してほしい。
地域 東京都江戸川区  次回来院時は山梨県

主訴は開口困難で何処に行っても治らない、何とかお願いしますとの事だ。

顔は大きく右に曲がって、本来の美人が台無しだった。

口が開かないのと、顔が右に歪むのとは同じ流れの中にある。

良くぞ西村の前に現れたと思った。

とにかく原因は右上の知歯の埋伏歯が原因なのは明白だ。

相当難しいがこの埋伏歯を抜いた。

右顎の顆頭が十分に前と左に動いた瞬間、口は十分に開く様になった。

これは西村の発見した『顆頭域最大可療法』愛称『猫の背伸ばし療法』の実戦だ。

これは世界で唯一人、西村オリジナルの治療方法なのだ。

 

それから6ヶ月後、診療室の前でぱったりと出会った。

その時、御主人が「先生!妻の顔が真っ直ぐになりました、その上今は妊娠6ヶ月です。ありがとうございました。」と言われた。

西村的には顔が真っ直ぐになるのも、妊娠知るのも想定内の出来事なのだ。

先生!お陰様で妻が顔が真っ直ぐになって、妊娠六ヶ月です!画像
先生!お陰様で妻が顔が真っ直ぐになって、妊娠六ヶ月です!画像

それから6年後。

また口が開かなくなってしまた。

山梨では誰も治せないのと言って来院された。

原因は過去に入れた左下のブリッジが壊れ、右で噛めなくて左でばかり噛んでいるのが原因だ。

また、右の顎関節症に戻ってしまったのだ。

この治療方法は左にしっかりと噛める様な支えが必要なのだ。

とりあえずは左の顎のツボに針をし、同じくツボから寫血をしてこの関節の炎症と鬱血を治して、咬合調整をして開口が出来る様にした。

その後左下の大臼歯欠損部位にインプラントで支えを作り、咀嚼筋の左右のバランスを取った。

 

それから、1年後、検診で来院された。

舌小帯の処置を勧めると「先生!授乳中ですが薬は大丈夫でしょうか?」と聞かれた。

今回も、治療直後に妊娠をしたのだ。

西村的にはこのような症例は沢山ある。

顎が緩み、体が緩み、骨盤が緩むと子宮への血液循環が良くなる。

子宮内の鬱血、貧血、充血が改善され、呼び名の通り『子宮」』になれば、受精し着床すればそのまま育てる。

子宮内環境がわるければ、体が育てられないと排除するから妊娠しないか、流産をするわけだ。

いとも簡単な原理なのだ。

西村が咬合を治せば、その度に妊娠するのは自明の理なのだ。

先生!お陰様で妻が顔が真っ直ぐになって、妊娠六ヶ月です!画像
先生!お陰様で妻が顔が真っ直ぐになって、妊娠六ヶ月です!画像

さて、どうでしょうか?

顔の変形が改善するとは夢の様な話でしょう。

顔が端整になれば体も真っ直ぐになり健康になります。

この図は西村が作った顔変形パターンの図です。

多くの方がこれを修正したいと来院されます。

 

健康になれば妊娠も簡単なのです。

妊娠し難いのには体が妊娠を拒否しているのです

ストレスが強い環境にある、夫婦の不仲、姑問題の精神的環境要素の不調。

動物的、肉体的要素、高齢で妊娠を臨む、顔歪みから来る子宮の不調。

 

お医者さんがどんなに頑張って、受精卵を着床させても、受け皿に育てる能力がないと子宮は子供を流してしまう。

八重歯治したら10年ぶりに妊娠して大騒ぎになった例があります。

以後コンドームをなしではセックスが出来なくなったとの笑い話も有ります。

妊娠も全く違った発想から取り組めば未来が有るかもしません。

詳しい症例一覧へ戻る

ページトップ